#11 配偶者が離婚したいと言っているからといって離婚になるわけではない Do not Give up Your Marriage Yet If Your Spouse Says Divorce

Toshie Ito Podcast Logo

Transcript
[Introduction to the podcast]

Narrator:
夫婦コンサルタント伊藤敏恵の『離婚と不倫がない幸せな結婚を作るための夫婦の心理学』では、今まで、数多くのクライアントの皆さんを離婚の危機から救ってきた夫婦コンサルタント、心理カウンセラー、著者でもある 伊藤敏恵が、心理学的な側面からのアプローチによる、離婚と不倫がない幸せな結婚を作るための秘訣や、夫婦関係の修復方法についてお話します。夫婦関係の修復を望む皆さん、離婚を回避して幸せな結婚生活をおくりたい皆さんは、ぜひ、『夫婦の心理学』を学び、愛と安心がある夫婦関係を取り戻して下さい。

Toshie Ito:
こんにちは。夫婦コンサルタントの伊藤敏恵です。本日は『配偶者が離婚したいと言っているからといって、離婚になるわけではない』ということについて、お話させていただきます。

私の元には、配偶者から離婚宣言をされてしまったという男女の皆さんからのご相談が数多く、寄せられますが、配偶者が離婚したいと言っているからといって、必ずしも離婚になるわけではありませんし、必ずしも夫婦関係の修復が無理だということではないんですよね。

なかには、配偶者から離婚宣言をされてしまったら、もうね、夫婦関係の修復は無理だというふうにおっしゃる方もね、いらっしゃるのかもしれませんけれども、今まで、長年、夫婦関係の修復を成功させてきた私の目から見れば、

もちろん、夫婦関係の修復は可能ですし、夫婦関係の修復ができた後は、逆にね、今まで以上に、良い結婚生活をおくれるようになっていらっしゃる方たちも多いというお現状なんですよね。

私の元には、離婚を回避する目的で、まぁ、別のカウンセラーさんたちに相談してみたところ、残念ながらね、夫婦関係の修復方法を教えてもらえるどころか、逆に、離婚を勧められてしまったため、まぁ、あの『最後の砦』というようなね、思いで、私の元にご相談に来てくださる方たちも少なくないという状況ではあります。

もしもあなたが、配偶者から離婚したいと言われていても、もしもあなたの配偶者が、仮にね、離婚届けを持ってきても、あなたがまだ、配偶者との離婚を決意できないのであれば、それはまだ、離婚をするタイミングではないと思いますし、まだ、あなたがギブアップするタイミングでもないと思うんです。

たとえ、あなたの周りの人たちが、「もうね、あきらめた方がいいんじゃないか。」とか、「もう、離婚した方がいいんじゃないか。」というふうに、言ったからといって、あなたが周りの人たちの意見に従う必要性もないんですよね。

私は、今まで、一般的な皆さんの目から見れば、まぁ、夫婦関係の修復がね、困難であるというレベルのご夫婦の皆さんたちを数多く見てきておりますけれども、それでも、夫婦関係の修復に成功したケースというのも、たくさん見てきているわけなんですよね。

例えば、配偶者とのね、別居期間が1年や2年過ぎた後、配偶者との別居解消に成功して、再びね、一緒に仲良く暮らせるようになった方たちもいらっしゃいますし、離婚調停がね、発生した後でも、夫婦関係の修復に成功されてる方たちも見てているわけなんですね。

そのため、配偶者がね、離婚をしたいと言っているからといって、離婚になるとは言えませんし、離婚調停がね、発生したからといって、これでも離婚になるとも言えないわけなんですね。

このね。まだあきらめるタイミングではないということにつきましては、私の別のブログ記事まだあきらめないで・周りから離婚した方がいいと言われても』という、こちらの記事の中でも、詳しくお話しておりますので、よろしかったら、ぜひね、お読みになっていただければと思います。

基本的に、離婚したいと言っている配偶者は、今の結婚生活を続けるよりも、離婚した方が自分は幸せになれると思い込んでいます。

まぁ、通常ね、私たち人間は、もしもね、自分が離婚した後に自分が不幸になるっていうことを思ったら、おそらく、離婚を選択しないと思うんですよね。

多分、今、私のお話を聴いてくださっているあなたもそうだと思うんですけれども、私たち人間は、自分がね、不幸になると思える選択肢については、通常、取りたくないと思うんです。

そう、つまり、ここに、離婚を回避するキーポイントがあるということなんですよ。

離婚したいと言っている配偶者は、離婚した方が幸せになれると思っていますから、もしもあなたが、配偶者に離婚撤回させたい場合は、その逆に向かわせないといけないということなんですよね。

え~そのため、仮にね、あなたの周りの人たちが、離婚を勧めてきても、もしもあなたがまだ、夫婦関係の修復を希望しているのであれば、周りの声や周りの意見に惑わされずに、あなた自身、修復に必要なことを一貫しておこなっていくということがとても重要になります。

もしもあなたが、離婚せずに、配偶者との結婚生活を続けたいと思うのであれば、離婚をしない方向に向かえる可能性はありますので、ぜひね、そのためには、修復に向けた適切な行動を取ることと、逆に、修復には役立たない行動は止めるということ。

これを一貫しておこなっていただければと思います。

Narrator:
夫婦コンサルタント伊藤敏恵の『離婚と不倫がない幸せな結婚を作るための夫婦の心理学』を最後までお聴きくださりありがとうございます。離婚や配偶者の不倫を回避して幸せな結婚生活を築くためのスキルや方法について、もっと学びたい方は、ぜひ、伊藤敏恵オフィシャルWEBサイトcoachtoshieito.com をご訪問下さい。あなたの結婚生活が、愛と安心に満ちた幸せな結婚生活になることを心より願っています。