#17 離婚にならないために絶対におこなってはいけないこと What You Should Not Do to Prevent Divorce

Transcript
[Introduction to the podcast]

Narrator:
夫婦コンサルタント伊藤敏恵の『離婚と不倫がない幸せな結婚を作るための夫婦の心理学』では、今まで、数多くのクライアントの皆さんを離婚の危機から救ってきた夫婦コンサルタント、心理カウンセラー、著者でもある 伊藤敏恵が、心理学的な側面からのアプローチによる、離婚と不倫がない幸せな結婚を作るための秘訣や、夫婦関係の修復方法についてお話します。夫婦関係の修復を望む皆さん、離婚を回避して幸せな結婚生活をおくりたい皆さんは、ぜひ、『夫婦の心理学』を学び、愛と安心がある夫婦関係を取り戻して下さい。

Toshie Ito:
こんにちは。夫婦コンサルタントの伊藤敏恵です。 
もしも今現在、あなたが配偶者との夫婦関係が悪い状態になっている場合、もしかしたら、あなたは夫婦関係の修復ってとても難しいと感じているかもしれません。

特に、配偶者から無視をされている状態が続いていたり、または、配偶者から拒絶されている状態であったり、さらには、配偶者からすべてを拒否されているような状態が長い期間続いている場合、おそらく、多くの皆さんは自分の力だけでは どうしていいのかわからない、というようなお気持ちになってしまうのではないでしょうか。

本日は、夫婦関係の修復を目指しているのであれば、配偶者に対して絶対におこなってはいけないことについてお話させていただきます。

今まで私は、長い間、夫婦関係の修復のサポートをおこなわせていただいておりますけれども、夫婦関係の修復の成功に向かえない方たちにはいくつかのパターンがあることを発見しております。

そのパターンの中のひとつといたしましては、配偶者に修復してほしい、あるいは、やり直しをして欲しい、と何度もしつこく説得するということです。

私の元には、男性のご相談者の皆さんと、女性のご相談者の皆さんの両方がおられますけれども、こちらにつきましては、妻から離婚宣告をされてしまった夫側にも、夫から離婚宣告をされてしまった妻側にも、両方に同じく発生していることのひとつになります。

具体的にどのようなことが発生しているかといいますと、例えば、配偶者にLINEやメッセージを何度も送り、修復したいと何度も伝えたり、配偶者にLINEやメッセージを通して、これからは自分はこういうことを改善するから、やり直しをして欲しいと伝えたり、

あるいは、配偶者にLINEやメッセージを通して、自分が離婚をしたくない理由を説明したり、なかには、長文のお手紙を配偶者に書く方たちもいらっしゃるようですけれども、そのようなことをおこなうことは、逆に配偶者の気持ちが離れていく行為になりますので、私はお勧めしていない状況なんですね。

 さらには、ご自分が配偶者にメッセージを送った後、もしも配偶者からの返事が来ない状態になったり、あるいは、配偶者のLINEが既読にならなかったら、さらに、同じようなメッセージを追加で何度も何度も、送るというような方たちもいらっしゃり、正直申し上げて、このような行為は配偶者からさらに嫌われてしまう行為ですので、非常にNGです。

このような行為は、配偶者の心が益々、離れていく行為になりますので、もしも、私のお話を聴いてくださっているあなたが、このような行為をおこなっていらっしゃる場合は、早急に止めていただくことを私はお勧めさせていただきます。

別れたい、あるいは、離婚したい、と言っている配偶者の気持ちをを変えるためには、3つの条件を配偶者向けて作らないといけないんですね。

3つの条件づくりに必要なこと。こちらをですね。私はクライアントの皆さんに個別に教えさせていただいているんですけれども、これができなければ、残念ながら配偶者が戻ってくることはないんですね。

3つの条件につきましては、心理学者であり、リレーションシップコーチとして、長年、夫婦関係の修復のお仕事に従事している、私の主人も自分のクライアントの皆さんに指導していることのひとつでもあります。

3つの条件を作るためにおこなわなければいけないことにつきましては、いくつかありまして、そのためのアクションプランといいますか、具体的にどのようなことをおこなっていくのか?ということにつきましては、それぞれの皆さんの状況によって異なります。

実は、この3つの条件を作っている最中というのは、あなたとあなたの配偶者の人間関係のレベルに気を付ける必要があります。人間関係のレベルはですね。大きく分類して5段階あるんですけれども、この人間関係のレベルというのは、実際には、今現在のあなたと配偶者の心理的な距離にも関連していることになります。

もしもあなたが配偶者との夫婦関係の修復を早急に達成したいあまりに、仮にもしもあなたが、あなたと配偶者の人間関係のレベルに適していないアクションを取った場合は、配偶者から拒絶されるということが発生してしまうんですね。

もしもあなたが配偶者との夫婦関係の修復を希望していて、そして、もしもあなたが配偶者との夫婦関係の修復のために何かをおこなったけれども、配偶者から拒否されたり、拒絶されているという状況になっている場合は、おそらく、あなたは今のあなたと配偶者の人間関係のレベルに適していないことをおこなっている、という状態になっている可能性が非常に高いということになります。

そのため、ご夫婦関係の修復の成功を希望される皆さんにおかれましては、ご自分と配偶者の人間関係のレベルが、今現在、5段階のどの位置にいるのかについて、きちんと知っていただいた上で、適した計画の元に、修復に向けて必要なことをおこなわないといけない、ということになるんです。

夫婦関係の修復につきましては、多くの皆さんがご自分たちご夫婦の人間関係のレベルから、かけ離れた何かをトライする傾向にありまして、その結果、ご夫婦関係の状態が悪化するというケースが意外と多い状態です。

つまり、夫婦関係の修復というのは、自分たちの人間関係のレベルに適していないことをおこなっている限り、配偶者からは拒否され続けてしまうことになりますので、その結果として、ご夫婦状況の状態が好転しないといいますか、好転せずに、現状維持だったらまだマシなのかもしれませんけれども、通常は、自分たちの人間関係のレベルに適していないことをおこなうことによって、より一層、夫婦関係が悪化するという状態になる方たちが多いという現状ではあります。

もちろん、ご自分たちの人間関係のレベルについて知らないという状態の場合は、当然のことながら、自分たちのレベルに適していないアクションを取ってしまうのも仕方がないのかもしれないとは思います。

私たち人間は、自分たちが知らないことはできませんので、ある意味、適した修復方法や自分たちの状況にマッチした正しい修復方法を知らずにいるというのは、ご自分の時間を無駄にしているといいますか、ときには、適切ではないアクションを取ることによって、ご自分の努力をも無駄にしてしまうという状態になってしまうと私は思っております。

私の元には、毎日のように皆さんからのお問い合わせが届くんですけれども、お問い合わせいただくご質問の内容の中には、「 配偶者が離婚を思い留まるためには、配偶者との連絡を一切絶ち、配偶者側が自分のことを恋しく思ってくれるようになるのを待つ必要があると、インターネット上で見たり、聞きいたりしますけれども、それは本当ですか?」というようなご質問があるんですけれども、これは間違った情報ですね。

もちろん、世の中にはこの方法をトライする方たちが一定数いらっしゃるんだろうと私は推測いたしますけれども、ただ、この方法をおこなっても、残念ながら、離婚したい配偶者側の気持ちが変わることはないんですね。

だからといって、離婚したいと言っている配偶者に対して、頻繁に連絡を取ること、たとえば、毎日、連絡をすることであったり、LINEでのメッセージを何度も往復するようなやり取りをするとか、そういったことも、お勧めできることではありません。

離婚したいと言っている配偶者が、離婚撤回して夫婦として再び、一緒にやり直しを決意するためには、配偶者の気持ちを取り戻すことが必要で、もしも今現在、あなたの配偶者が離婚をしたいと言っている場合、配偶者の離婚したいという気持ちが撤回されるためには、配偶者の気持ちが再び、あなたに繋がることが必要になるということなんですね。

そのためには、配偶者とまったく連絡を取らないという方法もNGであり、逆に、配偶者と頻繁に連絡を取るという方法もNGだということになるんです。

連絡を取る頻度につきましては、今現在のおふたりの人間関係のレベルに適した連絡頻度と連絡の取り方、これをしていただかないと、配偶者から拒絶されるという事が発生するんですね。

もしも、今現在、配偶者とあなたとの間に、激しい言い合いや喧嘩が発生している場合につきましては、配偶者との関係を今以上、悪化させないために、一時的に配偶者と連絡を取ることをお休みした方がいい場合もあります。

ただし、これは、配偶者との関係性を悪化させないための応急処置になりますので、一時的なものになる必要があります。

もしも仮に、配偶者との連絡をまったく取らないという状態を、長い期間、続けてしまう、ということになりますと、夫婦関係の修復が難しくなりますので、もしも、配偶者との連絡を取ることをお休みする場合は、適した期間にすることが必要になります。

その辺りの判断につきましても、なかなか、おひとりで適切に判断することは難しい可能性がありますので、そのような場合は、もしかしたら、夫婦関係の修復の専門家による判断が必要になるかもしれません。

もしも今現在、あなたが配偶者から離婚宣言をされていて、もしもあなたおひとりの手では負えないという状況である場合は、ぜひ、お気軽に私の方へご連絡をいただければと思います。

あなたとあなたの配偶者の状況に適した修復方法をおこなっていただくことによって、あなたの努力を無駄にすることなく、修復のスピードを上げていくことが可能になります。

Narrator:
夫婦コンサルタント伊藤敏恵の『離婚と不倫がない幸せな結婚を作るための夫婦の心理学』を最後までお聴きくださりありがとうございます。離婚や配偶者の不倫を回避して幸せな結婚生活を築くためのスキルや方法について、もっと学びたい方は、ぜひ、伊藤敏恵オフィシャルWEBサイトcoachtoshieito.com をご訪問下さい。あなたの結婚生活が、愛と安心に満ちた幸せな結婚生活になることを心より願っています。